ガジェット 情報技術

Raspberry Pi/PINE64でAirPrint用サーバを立ち上げる!

更新日:

日本では多くのユーザがiphoneを持っていることと思います。

16年第3四半期ではiPhoneの出荷台数に対するシェアは
55.3%となっており他のメーカ(Android)を圧倒しています。

外国ではAndroidが優位になりますが、国内のAndroid端末が高価なためかiphoneが優位です。
iphoneは、新規加入0円などで多くユーザーを増やした経緯も大きく影響していると思います。

2016年第3四半期 国内スマートフォン出荷台数 ベンダー別シェアhttp://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20160606Apr.htmlより抜粋

 

また、プリンタも多くのユーザが持っていることと思います。

しかし、AirPrintに対応したブリンタを持つユーザは少ないのではないでしょうか?
AirPrintは、大変便利です。

AirPrint 印刷設定画面

もっともAirPrintのためだけにプリンタを買い換えることは正直、金銭面で不満があります。
少なくともAirPrint対応の機種を購入するためには、1万円以上の出費をしなくてはなりません。

そこまでしなくても、今あるプリンタをAirPrintに対応することができる方法を書いていこうと思います。

必要なもの

以下のものを用意します。

  • Linux Box
    Raspberry Piシリーズ、PINE64など、Linuxが動作するコンピュータ。
    CPUのアーキテクチャは問いません。1台あれば十分です。
    もちろんPCでも構いません。
  • インターネット接続環境
    これもセットアップで使用する程度。速度は求めません。遅くてもちょっと待つ時間が増えるだけです。
  • WiFiルータ(IEEE802.11 ac/b/g/n)
    iphoneが繋がらないと困るので、速度は求めないものの必須となります。
  • プリンタ
    これは、有線・無線LANを問わず、LinuxBoxにUSBで接続されていても構いません。

インストールする

ここからは、Debian Linuxを前提にします。

AirPrintに必要なものは、CUPSというデーモンです。
Common Unix Printing Systemといい、Unix系のOSで印刷機能を提供します。

対応しているプリンタは幅広く、Windowsで使用できるプリンタもサポートしています。

まず、始めにCUPSをインストールしましょう。端末にて、

# apt-get install cups
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
The following extra packages will be installed:
bc cups-browsed cups-client cups-common cups-core-drivers cups-daemon
cups-filters cups-filters-core-drivers cups-ppdc cups-server-common
libcupscgi1 libcupsmime1 libcupsppdc1 libfontembed1 libgutenprint2 libqpdf13
poppler-utils printer-driver-gutenprint qpdf ssl-cert
Suggested packages:
cups-bsd foomatic-db-compressed-ppds foomatic-db printer-driver-hpcups hplip
cups-pdf smbclient xpp gutenprint-locales gutenprint-doc openssl-blacklist
The following NEW packages will be installed:
bc cups cups-browsed cups-client cups-common cups-core-drivers cups-daemon
cups-filters cups-filters-core-drivers cups-ppdc cups-server-common
libcupscgi1 libcupsmime1 libcupsppdc1 libfontembed1 libgutenprint2 libqpdf13
poppler-utils printer-driver-gutenprint qpdf ssl-cert
0 upgraded, 21 newly installed, 0 to remove and 0 not upgraded.
Need to get 5,357 kB of archives.
After this operation, 20.9 MB of additional disk space will be used.
Do you want to continue? [Y/n] Y

でインストールが開始されます。

その後、ブラウザ上でプリンタの設定を行います。
他のPCから設定を行うためには、CUPSの設定を行う必要があります。
(デフォルトでは、localhostのみ許可されているためです。)

設定

CUPSの設定は、Webブラウザ上で簡単に行うことができます。

他のPCから設定することを前提にします。
/etc/cups/cupsd.confのLocation /adminを以下の通り変更します。

<Location /admin>
# Allow remote access...
Order allow,deny
Allow all
</Location>

設定完了後、

/etc/init.d/cups restart

を実行します。

その後、他のPCからWebブラウザを起動し、アクセス先をLinuxBoxのIPアドレスにポート番号に631を設定します。
パスワードを求められたらrootとrootのパスワードを設定します。
以下例:

http://192.168.1.1:631/admin

するとブラウザ上に以下の画面が表示されます。

CUPS Webブラウザ設定画面

 

次は、プリンタに設定を行います。

プリンタの設定

ブラウザの設定画面の「管理」をクリックします。

「プリンターの追加」をクリックします。
追加したいプリンタを選択したら「続ける」をクリックします。

プリンタの追加

 

場所や説明を設定します。その後「続ける」をクリックします。

プリンタの追加設定

 

追加するプリンタのモデルを選択します。今回は、EP-903Aを追加しますが、モデルに記載がないので、近い型式を選びました。
選択後、「プリンターの追加」をクリックします。

モデルの選択

 

これで、プリンタの追加は、完了です。

その後、上部の管理タブをもう一度クリックします。
「サーバー」欄の「サーバー設定」にある、
「このシステムに接続されているプリンターを共有」と「インターネットからの印刷を許可」の二つをクリックします。

その後、「設定の変更」をクリックします。

プリンタのサーバ設定

 

以上で、設定は完了です。

iphoneやipadから印刷をしてみたとき、
以下のように追加したプリンタが表示され、印刷できましたか?

AirPrint 印刷設定画面

 

無事印刷できましたら、設定は完了です。お疲れ様でした。

-ガジェット, 情報技術

Copyright© 日々生活を楽しむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.