ガジェット

MacBook Pro(Late 2016) にもオススメ!マルチポートアダプタ!

投稿日:

今回、MacBook Pro(Late 2016)with TouchBarを購入しました。

ご存知の通りすべてのコネクタがUSB-Cに形状が変更されたため、
これまで使っていたディスプレイやUSB機器などを接続するために、変換アダプタの購入に迫られました。

購入したMacBookProには4つのThunderbolt3ポートが装備されている。
自宅には、ディスプレイ、充電器、USB機器があります。

自宅に帰り、ディスプレイと充電器、USB機器への接続を都度各ポートに接続していくのは少々手間です。

自宅での手間を減らし、パソコンライフを楽しむべく品物を探しました。

1ポートで3役、マルチポートアダプタ!

今回購入した変換アダプタは、これです。
「Lumsing 変換アダプタ Type-C to HDMI / PDアダプタ / USB 3.1 USBハブ」です。

Lumising マルチポートアダプタ(HDMI/USB PD/USB 3.1ポート)

この変換アダプタは、USB-C(Thunderbird 3ポート)×1をHDMI/USB-B/USB PDに変換することができます。
これによって、ワンタッチで必要なデバイスへの接続を可能にします。

AMAZONで注文後、およそ1日で到着しました。早い・・・

届いた商品の箱はこんな感じです。大きさは、手の平サイズです。

到着した製品の包装

 

箱を開けます。

箱開け直後

製品が小さいので、箱は手の平サイズです。中は、綺麗に梱包されています。
取扱説明書は特に同梱されていませんが、メーカの紹介カードが添付されていました。

価格から見ても十分な梱包状態だと思います。

早速、使用開始!

早速接続してみました。

HDMI - ディスプレイの表示

実は、HDMI対応のディスプレイを持ち合わせておらず、HDMI→DVI-I変換ケーブルを使用して接続してみました。
無事表示されます。

また、音声もディスプレイへ出力されています。
ディスプレイ側にスピーカがあれば、自動的にディスプレイ側が音声の出力先になります。
(Mac側から出力するようにしたければ、ディスプレイ接続中に音声の出力先を設定で変更することができます。次回接続した場合でもこの設定は記録されています。)

HDMIとDVI-Iの互換性

DVI-IとHDMIは完全互換ではありません。
古いDVI-I接続可能なディスプレイでは、正常に表示されない可能性がありますので、ご注意ください。

HDMIでは、映像信号と一緒に音声信号をディスプレイに送信します。

その音声信号の処理が古いディスプレイのでは、正しく行うことができないため、映像の乱れが生じてしまうことがあります。
その場合は、HDMI-DisplayPort変換アダプタを使用するか、HDMI-RGB変換アダプタを使用することで、問題を回避することができます。

 

USB - ハードディスクやプリンタへの接続

USBのポート形状を変換すればこれまで購入してきたUSB機器を存分に使用することができます。
iphoneやハードディスク、プリンタ、USBハブなどは普通に認識し、いつも通り使用することができています。

USB3.1に対応しているため、ケーブルと機器が対応していれば転送レートがUSB3.0から倍の10Gに対応しています。

USB PowerDeliveryでの充電

MacBook Proに同梱されていた純正のACアダプタで正常に充電できています。

MacBookProからは、以下のように認識・表示されています。

マルチポートアダプタがいくらか電力を使用するのか、純正ACアダプタを直接接続したときより、
ワット数の通知が5Wほど低下しました。

また製造者情報などがMacBook Proに通知されなくなっています。
(この点の実害はありません。)

 これによって、10%程度充電時間が遅くなるかもしれません。
使用感的にはほとんどわかりませんでした。無視していいレベルだと思います

充電中のシステム情報 - マルチポートアダプタ使用

 

ACアダプタを直接MacBook Proに接続した場合の表示は以下の通りです。
ご覧の通り、詳細な情報が表示されています。

充電中のシステム情報 - 純正ACアダプタ直接使用

 

ANKERのUSB PD対応のACアダプタ45Wで充電時間を検証されている記事を見かけたことがありますが、
ほとんど充電時間に差はないようでした。

最後に

この変換アダプタは各ポートで期待通りの性能を出してくれています。
USB3.1もハードディスクとの転送速度は十分出ていますし、HDMIも正常に映像・音声を出力できています。
USB PowerDeliveryを経由して本体への充電も問題ないレベルです。

この価格で、この機能でかなり満足しています。

強いて気になる点をあげるとするならば、
HDMIを接続しているときは比較的熱を持つことでしょうか。

外側がアルミでできているせいか、熱を感じやすくなっています。
温度は、体感で40度くらいでしょうか?

純正のマルチポートアダプタも熱を持つとのことですので、
純正との有意差は外見以外あまりないのかもしれません。

おまけ

MacBook ProのUSB-C(ThunderBird3)は結構割り切りをしていると思われます。

製品を探したりこのマルチアダプタを使用していて感じた点は、MacBook ProのUSB-Cは、
Display Port互換出力(オルタネートモード)に対応していないのではないかという点です。
現に、Appleから発売されている純正のThunderbolt2変換アダプタには、
DisplayPortを持つ製品への接続ができない事が謳ってあります。

オルタネートモードがDisplayPortも対応しているのであれば、
このような注記は記載されることはないでしょう。

ですので、USB-C→DVI-Iへの変換アダプタを見つめた場合でもMacBook Proに接続して
正しく動作しないのではないかと思います。

ディスプレイでDVI-Iのみインターフェースを持っていて、ディジタル出力をする必要がある場合は、
USB-C→HDMI→DisplayPort→ディスプレイといった形で変換していく必要があります。

DisplayPortは規格上HDMIからの変換は、可能です。
変換アダプタは、需要が少ない分商品も少なくまた高価ではありますが、存在はしていますので活用されてはいかがでしょうか?

1万円弱で入手できます。

-ガジェット

Copyright© 日々生活を楽しむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.