バイク

元旦、初日の出を見にセントレア(中部国際空港)へ!

更新日:

皆様あけましておめでとうございます。
投稿が遅れましたが、みなさまの今年一年が良い年になります様に願っています。

2018年になりました。

今年は、初日の出を見に行く作戦を年末から企んでいました。
そして元旦、念願の初日の出を見に自宅からセントレアに出発しました。

自宅からセントレアまで

元旦の日の出は、7:00ちょうど。

自宅からセントレア迄およそ1時間半かかります。

というわけで当日は4:30起床、5:00出発の予定でしたが、前日の準備不足もあり、5:15に出発しました。ギリギリ・・・・

経路はこんな感じです。

自宅~中央道経由~東名高速道路経由~名二環経由~セントレア(中部国際空港)

久し振りの早朝出発

早速走りはじめると、街全体が霧に包まれていて視界不良極まりない状態です。

私が住んでいる地域は、どうも昼夜の寒暖差が激しいようで、毎朝霧が発生しています。
流石に、午前6時ともなると1日の気温が一番低くなる時間なので、
霧も濃くて走行には注意が必要です。

ICから中央道に乗り、さらに速度を上げますが視界不良でいつものスピードまであげるのは流石に怖い・・・ハイビームを使いながら速度を調整し高速を南へ進みます。

小牧JCTに差し掛かり、東名に合流します。

名古屋ICに差し掛かる頃には、少しずつ空が白んできました。これから名二環に合流します。
名古屋市内は、霧も薄く、また地下のトンネルを通るため、風もないため走りやすいです。

知多半島道路に合流し、常滑に向かいます。

この辺りは、酪農をしていることもあり、特有の香りが味わえます。
クルマでは、あまり味わう事はないと思いますから、バイクならではの体験です。

にしてもこの時間はクルマがいない。いつもこれくらいなら気持ちいいのですが・・・

常滑市に到着し、セントレア専用のセントレアライン事、知多横断道路に合流します。

このころには、日の出ギリギリの6時45分あたり。

もう随分と明るくなり、いよいよ初日出が近くなってきた事を実感します。

さてセントレアにつくと、P1、P2の駐車場はすでにいっぱいで仮設駐車場が設けられていた為、そこに向かう事にしました。

この頃には、走行風と低い外気温のためか両足の動きが鈍くなってきていました。
・・・・これは防寒を考えないと体調崩しそうだ・・・・

仮設駐車場はどうも4輪専用で、バイクは、P1脇の管理棟付近に駐車が可能とのこと。
係員に教えられ、来た道を引き返します。

空港の周回コースを回りP1に向かいます。

クルマでは行けないルートがあり管理棟に通じていました。

係員の誘導にしたがって、駐輪場に停車しました。

あとで分かりましたが、日帰りと泊まりで駐車する場所が違っており、止まりの場合には、管理棟の係員がいる建屋のすぐ前に止める事ができるとのことです。

さらにブルーシートを被せられていて、バイクがおかれていることがわかりにくくなると共に、雨から守られていました。

写真に撮っておけば良かった・・・

ライダーが国内外の旅行に行く場合にも、安心して空港に止められそうです。きっと目も行き届く位置にありますので、いたずらの心配はしなくても良さそうです。

セントレアから見る初日出

セントレアから見る初日出は、初めてです。

展望デッキから見ることが出来るとのこと、残り10分程度、いそいで展望デッキに向かいます。

するとすでに・・・・・・・・・・

こんなに人が。さすが、日の出有名スポットなだけあります。

日の出を見に集まってきた人たち

 

いつもは、飛行機を見るために滑走路や駐機場に観衆の目が向かっていますが、今は全員東を向いています。

いつもは見られない風景です・・・まあその中の一人は私ですが。

 

初日出!

いよいよ7時。

きっと地平線からは顔を出しているでしょう。
しかし、地平線は遠くに別の建物があり、太陽が顔を出すのはもう少し先のようです。

・・・前見たのは水平線からだったから、陸から太陽が上がってくる場合は、
日の出時刻より幾分か遅れてくる事を忘れていました。

デッキまで来るのに随分焦っていましたが、気づくのが遅かった。無駄な体力を使ってしまいました。5~10分待ったところでしょうか、出てきましたよ、太陽が。

今年も良い年でありますように!
無事故でありますように!

デッキで見た場所と方角はこんな感じですよ。

 

余談

さてなぜ、今回はセントレアにしたのか、それは寒いので近場にしたかったから。

以前、御前崎に日の出を見に行ったことがありましたが、突風と寒さが半端ではなく非常に寒い思いをしました。
加えて、北には山があり登れば絶景が見られると思いますが、バイクでは危険すぎます。

また、バイク用の装備が真冬に耐えられる装備でないことから、現実的な目的地にしました。

来年は装備を整えて、御前崎、日本平とか伊豆周辺まで足を伸ばしてみようかな。

・・・ああ、何時に起きればいいんだ・・・・朝も苦手です。

-バイク

Copyright© 日々生活を楽しむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.